歴史

Hotel España (ホテル・エスパーニャ) は街でもっとも古い歴史的ホテルの1つであり、

Orígenes

由来

20世紀初頭にリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーが内装を施したカタルーニャ・モダニズムの小さな宝石と言えます。

現在ホテルを占めている建物は当初、賃貸住宅や店舗、公衆浴場として使用する予定で1850年に建設されました。
1859年1月にその使用目的が変更され、Fonda de España (フォンダ・デ・エスパーニャ)となりました。 

1858年12月30日付けの『Diariode Barcelona (ディアリオ・デ・バルセロナ)』の広告にはFonda España (フォンダ・エスパーニャ)がまもなくオープンするというニュースが掲載されており、行き届いたサービスと新品の調度品が備えられた素晴らしい客室、さらには食堂だけではなく配達も行う食事サービスが報じられました。

フォンダからホテル・エスパーニャへ

フォンダの最初の広告が掲載されたのは1863以降になります。当時の旅行では、客室および質の良い家具、きめ細かいサ-ビスの提供と立地条件のよさが特筆されています。加えてその規模と際立った等級から、フォンダは1860年から1900年代にかけて最高ランクに位置していました。

万国博開催の1888年に、バルセロナで最も有名なフォンダは、フォンダ・エスパーニャを含めて、フォンダのかわりにホテルの名称を使い始めます。ホテル はフランス語由来の名称で、伝統的な以前のフォンダと比較して異なるサ-ビスと待遇を提供するという意味を含んでいます。

De Fonda a Hotel España
Reforma modernista

モダニズム風改築

1898年1月、ミケル・サルバドは内部のリフォ-ムと1階の開口部の仕切り工事のため、最初の許可を申請。続いて2番目の許可は1900年11月 に内部に幾つかあるパティオの仕切りのため、3番目の許可は1901年、エレベ-タ-一基とその電気モ-タ-の設置のためです。

ルイス・ドメネク・イ・モンタネールの計画による改築がおこなわれるのはこの時期です。1903年にこのリフォ-ムは終了、翌年、バルセロナ市役所により毎年行われる建築と装飾の賞がおくられました。

ホテルEspaña(エスパーニャ)の装飾計画には、この時期に既に著名であった芸術家が参加しています。ドメネク・イ・モンタネールは、食堂のかき絵(当時は「水槽」、現在は「サロン・シレナス(人魚)」の名で知られる)のため、画家ラモン・カサスを頼み、奥のサロンにある5メ-トルもする雪花石膏の暖炉は彫刻家エウセビ・アルナウに手がけられました。

そのリフォ-ムはフランス語も含め当時のいろいろなガイドに 、゛近代の快適さをすべて備えた゛一級の施設と掲載されたほどです。